ぶす収穫したての新鮮なウマブドウを
そのまま冷凍しました。


「ブスの実」はウマブドウ、ノブドウと呼ばれる野草で、
健康のためにと全国からお求めいただいております。
磐梯山の麓の、自然と水の豊かな山の中で、
天然の環境で自生するブスの実を中心に採取しています。

弊社ではウマブドウ酢、ウマブドウ茶を販売しておりますが、
ウマブドウの採取時期が稲刈りと重なるため、
加工しきれなかったウマブドウの実を冷凍保存しております。
数量限定で、クール冷凍にてお分けしております。

ウマブドウに関しては、分かりやすい書籍も出ております。
効能や使い方に関して、ご参照ください。
村上昌久著『自分でできる薬草ウマブドウ健康法』リヨン社、2004年
磯常光、村上昌久著『薬草ウマブドウ 』リヨン社、1986年
『野ぶどうはB、C型肝炎にも有効!』ペガサス出版、2004年

ウマブドウはガンや肝臓病に効くのか?関節症や神経痛、リウマチに効くのか?など、たくさんのお問い合わせをいただいておりますが、薬事法に抵触するため、ここでご紹介することができません。症状に合わせた用法を書籍などでお調べいただきますよう、お願い致します。
書籍で調べることが困難な方は、弊社にある書籍からの知識でよろしければ、お伝えすることもできますので、お電話にてご連絡ください。
090-8055-5173(古川)
【ご利用方法】
ウマブドウ400gに対して、焼酎1.8リットルもしくはお酢1.8リットルの割合で漬けてください。
焼酎漬けは1か月程度、酢漬けは1週間ほどで飲めるようになります。
1日1回、おちょこ1杯(15ml)程度を、就寝前にお召し上がりください。
気になる症状がある場合は、1日2回、朝と晩にお召し上がりください。

新鮮な状態でお届けするため、採取後、そのまま冷凍しております。
ゴミや虫が混じっている場合がありますので、丁寧に洗ってからご使用ください。

【ブスの毒性について】「ブスの実」は、熟すとブス色(紫色)になることから、その名がつけられたといわれています。酢漬け、焼酎漬けにしたものを、健康のために飲用されており、特に肝臓にいいようです。
会津では、ブスの実には毒があるといわれていますが、生のままですとタンニンが多くて渋くて食べらたものではなく、食べすぎると下痢をすることがあることからそう言われるようになったというのが主説で、食しても毒性はないとも言われています。酢漬けにしたブスの実は、酢の力で渋みも抜けており、当社でも実際に試食しておりますが、毒性は感じず、食べられるのではないかと考えております。しかし厳密な調査をしたわけではないので、ご心配な方は実を召し上がらないよう、ご注意ください。
ブスを漬けていると、中には柔らかくなり、溶けるものもあります。当社では漉して瓶詰めしております。

【年間予約】ブスの実酢、ブスの葉茶は、近年、熊出没の影響で採取量が少なく、品切れが続いております。 夏から秋にかけて採取・加工いたしますので、年間のご予約をご希望の方は秋までにご連絡ください。

冷凍ウマブドウの実(馬ぶどう・野ぶどう・ノブドウ・ブスの実)

 
商品画像2 商品画像3 商品画像4

・ 購入数
・ 重量
・ 状態
価格表