ぶす会津で古くから愛用されいるウマブドウ(ブスの実)を
有機純米酢で漬けこみました。


「ブスの実」はウマブドウ、ノブドウと呼ばれる野草で、
健康のためにと全国からお求めいただいております。

磐梯山の麓の、自然と水の豊かな山の中で、
天然の環境で自生するブスの実を採取しています。

有機純米酢に漬け込みました。無糖なので用途が広がります。
通常のお酢としてお使いいただけます。
無糖ですので、水やお湯、炭酸で割ってお召し上がりになる場合は、
蜂蜜などを加えていただきますと飲みやすくなります。

ウマブドウに関しては、分かりやすい書籍も出ております。
効能や使い方に関して、ご参照ください。
村上昌久著『自分でできる薬草ウマブドウ健康法』リヨン社、2004年
磯常光、村上昌久著『薬草ウマブドウ 』リヨン社、1986年
『野ぶどうはB、C型肝炎にも有効!』ペガサス出版、2004年

ウマブドウはガンや肝臓病に効くのか?関節症や神経痛、リウマチに効くのか?など、たくさんのお問い合わせをいただいておりますが、薬事法に抵触するため、ここでご紹介することができません。症状に合わせた用法を書籍などでお調べいただきますよう、お願い致します。
書籍で調べることが困難な方は、弊社にある書籍からの知識でよろしければ、お伝えすることもできますので、お電話にてご連絡ください。
090-8055-5173(古川)
【原材料】有機純米酢、会津産ブスの実(ウマブドウ、ノブドウ)
【内容量】小瓶120g、大瓶300g
【保存方法】直射日光を避けて冷暗所にて保存
【賞味期限】製造より18か月
【発送方法】宅急便(常温)

【お召し上がり方】朝晩、おちょこ1杯ほどをお召し上がりください。無糖ですので、そのままお飲みになる場合は、はちみつなどお好みの甘味を加え、薄めていただくと飲みやすくなります。また、普段のお料理にもお使いいただけます。

【ブスの実ついて】全国的には「ウマブドウ」「ノブドウ」の名で知られていますが、会津では古くから「ブスの実」の名前で親しまれています。「ブスの実」は、熟すとブス色(紫色)になることから、その名がつけられたといわれています。「猫の目」とよぶ地域もあります。酢漬け、焼酎漬けにしたものを、健康のために飲用されており、特に肝臓にいいようです。 【ブスの毒性について】会津では、ブスの実には毒があるといわれていますが、生のままですとタンニンが多くて渋くて食べらたものではなく、食べすぎると下痢をすることがあることからそう言われるようになったというのが主説で、食しても毒性はないとも言われています。酢漬けにしたブスの実は、酢の力で渋みも抜けており、当社でも実際に試食しておりますが、毒性は感じず、食べられるのではないかと考えております。しかし厳密な調査をしたわけではないので、ご心配な方は実を召し上がらないよう、ご注意ください。ブスを漬けていると、中には柔らかくなり、溶けるものもあります。当社では漉して瓶詰めしております。

【年間予約】ブスの実酢、ブスの葉茶は、近年、熊出没の影響で採取量が少なく、品切れが続いております。 夏から秋にかけて採取・加工いたしますので、年間のご予約をご希望の方は秋までにご連絡ください。

【発送遅延のお知らせ】長く使用したいというご要望にお応えするため、今年より、120ml、200mlに加えて、300mlの製造を新たに開始しました。限られたブスの実酢をご希望にあう容量でお送りするため、ご注文いただいてから瓶詰いたします。お手元に届くまで1週間ほどお時間をいただく場合がありますので、何卒ご了承ください。

ウマブドウ酢(馬ぶどう・野ぶどう・ノブドウ・ブスの実酢)

 
商品画像2 商品画像3

・ 購入数
・ 容量
・ 本数
価格表